新幹線に負けない第三セクターがかっこいい

自分の住む街に新幹線が走るってことはすごいことです。ですが、新幹線が開通することで在来線の特急が無くなったり、在来線第三セクターになったりと、新しくなることで無くなっていくものも多いです。そういうことを知っていくと、新幹線が開通することが嬉しいような残念なような気がしてなりません。

そんな中、来年の春に開業する北陸新幹線とそれに伴って廃止される特急はくたかのゆく先の話がとてもかっこよかったので紹介します。 

地方ローカル鉄道の刺客「超快速」、「巨人」北陸新幹線へ一矢報いる | 乗りものニュース

特急「はくたか」(北越急行ーJR)の廃止に伴い、第三セクターである北越急行で運行される予定の超快速「スノーラビット」。

・新幹線の方が必ずしも速いわけではない

北陸新幹線はぐるっと長野を経由するためか、目的地によっては超快速「スノーラビット」を使った方が早く着くようです。例えば、直江津へ行く際に超快速に乗ることができれば新幹線よりも早くいくことができます。新幹線よりも早くて、安い!!これ、すごくクール。ただ、1日1往復だけ・・・。

・超快速「スノーラビット」の由来

元々北越急行が所有しているはくたかについている愛称が「スノーラビット」でした。超快速の名前は公募によるものですが、なるようにしてなった感じがします。

JRと第三セクターを走っていた特急だったから、新幹線開通を理由に廃止になって第三セクター内で名前を変えて存続することになった超快速。このニュースを見ていて、やっぱ鉄道ってJRあってこそなのなかと思いました。第三セクター化するのも収益がマイナスの地方路線をJRが切り離しているように見えます。収益のことを考えると、地方と都市の扱われ方の違いが生まれるのもやむを得ないことなんですかね。実際に地方に住む人と旅行に行く人が増えないと変わらなさそう。

スノーラビットが超クール!だってことを言いたかっただけです。

以上