読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱という趣味を振り返った時にある曲

ぼくは人と歌うことを趣味としています。これは高校の部活で合唱部に入ったのがきっかけです。振り返れば10年ほど合唱に関わってきました。曲数としては何曲あるんだろう。いつかまとめようと思います。

今日は、高校時代の思い出の曲を扱いたいと思います。思い出の曲といっても曲ごとに思い出があるので1曲に絞ることはできません。そんな中でも、高校1年生の合唱コンクールで歌った曲は、曲に取り組むにあたって自分たちで付けたストーリーが印象的で、そのストーリーによって一気に歌が変わっていきました。

その曲は、

「ヒスイ」(作曲:信長貴富

気になるストーリーの話は置いておいて、今回のエントリーでヒスイを扱おうと思ったのは、このツイートを見かけたからです。 

 独唱曲なんてあったんだ。なんとなく知っていたような知らなかったような。


独唱曲 ヒスイ(信長貴富) - YouTube

ピアノがかっこいいです。だけど、同じフレーズを同じ声で繰り返すから合唱verに比べてつまらなくなりそう。そこをなんとかするのが歌い手の技量なんですかね?ヒスイという曲自体はやっぱり混声が至極です。

あー、歌いたい

やっぱりこの曲は、混声合唱verが一番好きです。また歌いたいです。歌の解釈をディスカッションできる程度の人数でこの曲に取り組んで、一つになっていく感じをまた体感したいです。

 

無伴奏混声合唱のための カウボーイポップ

無伴奏混声合唱のための カウボーイポップ