読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月13日オープンの"ラー油劇場 真紅"に行ってきた

昨日、東京都目黒区大岡山の大学近くに『ラー油劇場 真紅』という名前から辛そうなラーメン屋がオープンしました。偶然行く機会に恵まれ、オープン初日に行って参りました。(住所は大田区北千束

f:id:satorudayo:20150114065449j:plain

実はこの店舗、昨年の12月末まで二郎系ラーメン(醤油豚骨系太麺の麺野菜脂の量が多い系統)の麺でるとして営業されていました。僕はその味が本家ラーメン二郎よりも好きだったので、閉店してしまい非常に残念でした。麺でるは系列店が他にもあるので支店に赴けばいいですが、めんどくさい。行きやすい場所にあるというのは素晴らしいことです。


【閉店】麺でる 大岡山 - 大岡山/ラーメン [食べログ]

さて、入店してみると、驚愕の事実・・・

麺でると店員さんが同じ!!!!!!!

理由はよくわかりませんが、麺でる大岡山店のスタッフさんがラーメンを茹でていました。どういうことでしょう。ひとまず食券を買ってどんなラーメンが出てくるか待っていました。主なメニューをご紹介いたします。

メニュー

真紅ラーメン(辛さ★★★)800円
 W真紅ラーメン(辛さ★★★★★)900円
 味噌ラーメン 780円

真紅豚丼 300円
 ごはん ?円
 温泉たまご ?円 など

セルフでできるトッピングは、山椒とお酢だけ。また、辛味噌(無料)を加えることで味の変化を楽しめます!!(食べている途中でもオーダー可)※学生割はありません。

さてさて、やってきました!

まずは、真紅豚丼です。

f:id:satorudayo:20150114065450j:plain

真紅ラーメンに乗っている豚バラを使った豚丼です。特製のたれがかかっています。とてもおいしそう。豚丼だけで食べると味が濃いように感じますが、ラーメンを食べた後に食べるとちょうどいい濃さでした。続いて、真紅ラーメン・・・・

f:id:satorudayo:20150114065451j:plain

スープは味噌。麺は麺でると同じちじれた太麺。その上にもやし、そして豚バラがどっさりと乗っています。糸唐辛子がとても綺麗です。気になる辛さですが、蒙古タンメン中本を食べた経験からさほど辛くないように感じました。ですが、結構汗をかきます。冬季は食後に冷たい風に当たって冷えそうだし、夏季は暑くて暑くて大変でしょうね。辛いのは名前からして当たり前。肝心の味ですが、好みはいろいろあると思いますが僕の感想は美味しかったー!中本もそうですが、スープにニンニクが効いているので歌う前には行きたくないお店です。次食べるなら、辛さが抑えられた?(or 辛くない?)味噌ラーメンと真紅豚丼の組み合わせがベストかなあと考えています。

f:id:satorudayo:20150114065452j:plain

この写真で大体の大きさがわかりますかね。そういえば、まだ食べログに掲載されていませんね。ラーメンデータベースにはありますが、写真が無いです。写真の転用なんてあるのかな・・??そんなことよりメニューの写真を撮っていなくてすみません。

もう一回行きたいかどうか

今のところはやめておきます。理由は、ラーメン一杯で800円なら自宅でご飯を作って食べればいいかなーと思うからです。太麺好きだし、豚バラ大好きだし、普通に美味しいんだけどやや高い!これは僕個人の意見です。読んでいる人の参考になるような意見であると・・・・、大岡山にある辛いラーメン屋の中で毛色の違ったラーメンを食べられるので、1度行って食べてみることをオススメします。

ここまでレビューを書いてきて思ったのが、麺でるより利益率が高そうだということです。麺でるのラーメンよりも手間がかかってそうでその分1杯の値段が高く設定したんでしょうかね。原価や売値の設定についてはよくわからないので、そんなこと気にせず美味しいと思えれば良いです。笑

今はいいや~と思っていても、もしかしたら、僕が初めて二郎に行ったとき同様に、しばらくして無性に行きたくなり、それから通ってしまうような中毒性があるかもしれませんね。

あー腹減った。